09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2013.03.23 (Sat)

子供が脱臼したらどうしたらいいか

アリエルちゃん大変なことがありました。

まず、風邪気味だったので朝から小児科へ。
で、次はさかなちゃんと行ってる英語教室があるんだけど
まだ少し時間があるから机でワークしてたアリエルちゃん。

よ~し、時間だから行こうかぁと椅子を降りたとき
私が腕を持ってサポートしたんだよね。
強く持ってないよ~(ここポイント!)
「手が痛い~~~~~」
アリエルちゃんの顔がみるみる悲しい顔に。
目にいっぱい涙をためて
「ママがぎゅってしたから痛くなったぁ~~」
と右腕を反対の手で押えて泣き出した。
これはマズイぞ
「パパー!アリエルちゃんが脱臼したぁ!」
隣の部屋でさかなちゃんを遊んでいたパパを呼ぶ。
「何科?」
「整形外科やろ!」
ネットを起動して調べるパパ。
と同時にママは車に行ってナビで検索。
たしか英語教室の近くにあったような気がして。
やっぱあった。
電話番号も出た。
電話で聞いたら
「待ちますけどいいですか?」
やった~土曜日やってる!
「はい今から行きます!」
GO!

途中英語教室でさかなちゃん降ろして。
パパとアリエルちゃんを整形外科に降ろす。

ママは忘れ物を取りに一度家へ。
忘れ物をさかなちゃんに届けて医者へ行くと、
パパに抱っこされて人形のように動かない花。
なにも話さず、抱っこされているだけ。
「もうそんなに痛がっとらんで」
とパパ。
けど本人に聴くと
「まだ痛い」
と弱弱しい声で答える。

順番が来てお医者さんがアリエルちゃんの腕を触る
「おかあさんココ触っててね~ほら、いま音がしたの解る~?」
「・・・(全く)解りません
どーやら靭帯がずれていたみたいでそれは治したとのこと。
診察はそれで終わり、
しばらく様子を見るためまた待合室に戻る。
「ママ~一緒にすわろ~♪絵本読んで~こっちにいこ~よママぁ~~」
エンドレスで話し続けぺたぺた走り回って転んだり、
いつものアリエルちゃんに戻っている。
やはりさっきまでは異常事態だったのね。
待ってるとちゅうで何故か看護婦さんがアリエルちゃんの写真を撮って何も言わず去っていった。
何?うちの子は特別にカワイイから整形外科のブログにでもアップするんかしら?
親ばかな妄想しつつ。

もう一度呼ばれて
こんどは先生がさっきの症状を筋肉とか骨の模型で説明してくれた。
ふーん脱臼とは違うんだね。
よくわからんけど治りました。

で、会計のとき、こんなんくれた。
DSCF4139.gif
あっ、さっきの写真・・・
そして症状とかも図入りで解りやすく書いてあって
口下手なママでもパパに説明しやすいじゃんか!
年寄りも多いからこうゆうサービスいいじゃん!って思ったよ。
いまどきお医者さんもいろんなサービス考えるなぁ~

終わったらすぐ英語教室へ。
まだ授業中だったけどさかなちゃんは元気になった妹を見て安心してました。

朝からバタバタだったなぁ。
そんで午後から昼寝全員コースですわ。
なんか風邪というか全員鼻水が治らないんだよね~
ま、脱臼騒ぎに比べたらささいなことだけどね。

皆様も、お気をつけて!!


テーマ : 日常のひとコマ - ジャンル : 育児

EDIT  |  19:27  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。