04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.09.23 (Tue)

フォローアップに挑戦!

離乳食は朝7時、昼12時、夜6時なんだけど、
最近のさかなちゃん、
昼と夜の間にお腹がすいてすいて、機嫌が悪くなるんだよね~~

なので、3時半ごろおやつの時間を設けて、
そこで軽食(焼き芋とか)+フォローアップをあげることにしました。


そう、さかなちゃんついに、フォローアップデビューです♪


初日は40mlしか飲まなかったけど
今日は100mlごくごく飲んでくれました。
ヤッタ~~♪
明日缶買ってきます♪

ただ、私がたまに遊びに行っている保育園では
フォローアップはあげてない(1歳までミルク、1歳過ぎたら牛乳)と言っていたので
必ずしもあげなきゃいけないものでもないって知ってたんだけど…





そもそも、フォローアップって何?
飲んでくれるなら別にミルクでいいんじゃないの?
…ってかんじだよね、でも、実は結構違ったの!!

フォローアップのほうが、
(1) 蛋白質が多い
(2) 鉄分が多い
(3) 脂肪分が少ない
(4) 炭水化物が多い
(5) カロリーが若干低い
(6) 価格が安い
(7) フォローアップには銅、亜鉛が入っていない
 
マタニティスイミングでお世話になった浅井先生の記事より抜粋
詳細はコチラ↓
「フォローアップミルクと牛乳への移行について」 


確かに、店頭で見たらミルクよりお求め安い価格(助かる~)!!

そして試供品を飲んでみたら、味もミルクより飲みやすい!!
ミルクの時に舌に残る気持ち悪い感じがないの。(その気持ち悪さの正体は、銅と亜鉛だったのかな?)
もうちょっと、牛乳に近い感じかも。
そして、子供っぽい味がしたよ。
栄養の入ってなさそうな(笑)あっさりした味だけど、ミルクより全然おいしいと思う。

ミルク嫌いだったさかなちゃんも、飲んだもん。
(でもこれは、離乳食が進んでいろいろな味に慣れたからという噂もあるけど)



もちろん、与えるときは哺乳瓶じゃないよ!!
今のところ、コップ+子供用ストローで与えてます。
フォローアップ1
私が片手でコップ、片手でストローを押さえて飲ませてるんだけど
ストロー持つ手を離しちゃうと、
さかなちゃんはストローだけかじったままプイっとそっぽ向いちゃったりして
フォローアップ2
これじゃぁ当然飲めません。
しっかり両方持たないといけないのね。

なんかやりにくいわぁ…
こんなものかな?

ストローマグならそんな心配もなくこぼれないしいいのかもしれないけど、
洗いにくいから最近あんまり使用してません…




さかなちゃんがグビグビのんでくれたし、とりあえず続けてみます。
とりあえず1日1回で。
そして、もう少し慣れたら寝る前の授乳もフォローアップにかえようかな♪
結構おいしかったから、気に入っちゃいました(私が♪)




↑さかなママをこっそり応援してね♪

テーマ : 母乳育児 - ジャンル : 育児

EDIT  |  22:37  |  さかなちゃん0歳9ヶ月  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

ウチも9ヶ月入ってフォローアップにしてみました。
理由は「9ヶ月から」と書いてあったから、なんも考えず
そのとおりにしてみたって感じです・・・汗。

ウチは離乳食の食べムラがあるし、私の母乳もおなかが
いっぱいになるまでは出なくなってきているので、
まだまだミルクが必要なんで、お安いのはホント助かりますね。
あきすけ |  2008.09.23(Tue) 23:32 |  URL |  【コメント編集】

あきすけさんへ

娘っ子ちゃん、フォローアップすでにデビューしていたんですね♪
安くていいですよねっ!!

食べムラあるの、解ります。
気が乗らないときに無理に食べさせて機嫌損ねちゃうと、
泣き叫んで、虐待してんじゃないのってくらい大声で泣きますよ!
困ってます。ホント…v-12


さかなママ |  2008.09.24(Wed) 09:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。